2017年11月20日

曼荼羅ワーク体験レッスン ひろがる女性エネルギー


11月13日 tomocoさんが曼荼羅体験レッスンを
RainbowTREEサロンに受けにきて下さいました。

ヨガの先生でもあるtomocoさん

ぬり絵の曼荼羅はやったことがあるけれど、色んな曼荼羅の世界に
触れてみたいとの事でレッスンを受講下さいました。


そして、今日のtomocoさんの曼荼羅。
DSCN0429.JPG
あたたかく、やわらかくひろがる曲線の曼荼羅。

最初のテーマは「原点に戻る」
最後のタイトルは「女性」


tomocoさん。たくさんの気づきもシシェアして下さいました。



描いていくうちに、自然に暖色系がチャクラカラーになったこと。

赤(第1チャクラ)から四隅のグリーン(第4・ハートチャクラ)
そして、見えにくいですが実は中心にマゼンダ(全体の統合)を
使っています。

やわらかい曲線と三日月がふたつつながった型も女性性が現れています。
(月は女性エネルギー)

そして悩んで入れた四つ角グリーンからののびる曲線。
そこに生まれた空間が、子宮のようでもあり。キャンドルのようでもあり。


命。生まれる。そんな女性性の広がりを感じます。
大小の丸もどこか小さな命のようです。

ふわっとしたので、最後に中心から広げるような線を足したとのこと。
それを入れたことで、不思議にぐっと中心のエネルギーが増した感じがします。


tomocoさん自身、振り返ってみると仕事が忙しく女性性のバランスを
大切にした生活スタイルにシフトしたいと考え始めていたそうです。

tomocoさんは、ご自分の感覚に耳を澄ましながら描いてる印象でした。
感覚で描く。描き方もとても女性的でした。


最近は、かなり忙しくハードワークをされる女性が増えていますが、
どうしても女性性を抑えたり、後回しにしたりバランスを崩しがちです。

さまざまなセラピーが都市部に定着するのは、無意識に女性たちが
バランスをとろうとしているからだと思います。


話をtomocoさんの曼荼羅に戻しますが、最初はこういう風になると
予想をしていなかったのでとても不思議で面白かったとのこと。


最初のテーマと最後のタイトルが変わることはよくあります。
最後にはなぜか曼荼羅が「今のテーマ」を見せてくれるのです。

曼荼羅に導かれるという感じです。
本当に、毎回不思議です。



ちなみに、私の曼荼羅。
DSCN0430.JPG
テーマは「心の声を聞く」
最後のタイトルは「愛情」

自分の内側の声を聞くこと。
それは愛情なくしてはできないこと。
なるほど〜。曼荼羅に教えられます。



tomocoさんに共鳴して、とても女性的な曼荼羅です。
今回は、なんだか描いていて癒される曼荼羅でした。


こちらは、tomocoさんの練習作品
DSCN0431.JPG
なんと、左手で描いていたそうで。
でも、曼荼羅と同じく「広がって」いますね!




tomocoさん。
丁寧に向き合った深い気づきをシェアして下さったこと。
とても感謝しています

DSCN0436.JPG
ありがとうございました


ご自身の中の奥深い曼荼羅世界に触れてみませんか?
http://www.rainbowtree.biz


posted by rainbowtree at 22:15| 曼荼羅ワーク体験レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする