2016年05月18日

パステル曼荼羅アートの世界


先日、パステルで描く曼荼羅アートを描いてきました
爽やかな加奈子先生に教わりました
http://ameblo.jp/pastelism/entry-12160576574.html

同じパステルでも普段やっているふんわりとした
パステルシャインアートとまた違った世界。

SN3G0538.jpg
左から、ご一緒したキョウコさん。私。加奈子先生。
キョウコさんと私。
作品が対角線に共鳴してます^^


2枚目は、キョウコさんの「輝き」をテーマに
描きたいという発端から。

なぜか!徳永英明「輝きながら」に始まる英明メドレーを
聞きながら(笑)というか歌いながら(笑)描きました!

感情揺れます
いいですね


SN3G0538-1.jpg
私の作品

作った型が、結果どういう曼荼羅になるかは
分からないので、後は作業に集中するのみ。
とても静かな気持ちになります。
(徳永英明を聞きつつも・・・笑)

不思議な形が現れることも。
まさに曼荼羅。

テーマやタイトルを設ける過程も、曼荼羅のメッセージを
受け取るきっかけになりました。


パステルシャインアートや曼荼羅アートも
色々なメッセージを見せてくれます^^

パステルは柔らかな表現の画材ですが、
不思議な力を秘めているなぁ〜と思います。

2枚の曼荼羅を仕上げて、デトックスしたような脱力感で、
ものすごく!眠くなりました〜
なかなかの浄化作用です。

いつか、新しくプログラムに加わるかも
お楽しみに

posted by rainbowtree at 13:04| 曼荼羅ワーク体験レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする