2017年08月21日

曼荼羅ワーク体験レッスン 〜弾ける個性のキラキラたち


7月のお話しです・・・
ゾウさんペースですすんで?おります〜
気長に見守ってやって下さい〜

チベット体操の先生の先輩のSunaoせんせい。
チベット体操仲間。そして一緒に青山のギャラリーで
二人展をした!ミチルちゃん

初の曼荼羅で幾何学の型を使うという
なかなかの個性的チョイス!

存在感溢れる曼荼羅となりましたよ!

DSCN0324.JPG
カラフルな下地がリズミカルにのぞく音楽的曼荼羅
ガーリーだけどフワフワなだけじゃない!っていう
ミチルちゃんの個性がしっかり現れてます!
型が重なり合うリズムも彼女にしか出せないものです!


このミチルちゃんの個性が私は大好きです

テーマは円満。描き終わりのタイトルは「せかせか」?
新しい暮らしへ向けてお引越し準備中の感じでしょうか?
でも、なんだかとっても楽しそうな画面です


DSCN0325.JPG
色々な試みをしつつたどり着いたシックでデザインブックに
載っていそうな美しいSunaoせんせいの曼荼羅。
たくさんのチャレンジの数々がこの曼荼羅の強さを作っています!


テーマは余白。
不思議ですね。
余白というテーマですが余白を埋めるように形があります。
余白は光でいっぱい
余白って何もないっていうのとも、ちょっと違います。

そして、最後のタイトル「閃光」
まさに。射し込む光たちにぴったりのタイトルです

DSCN0323-1.jpg
もうなんとも!個性がスパークした曼荼羅たちでした!

なのに!二人とも描きながら、ものすごい
自己否定しまくり(笑)
え?そんなに?みたいな(笑)
その様子はもはやチャーミング!(笑)

私の頭の中には、気に入らない作品を次々とガシャーン!
「これはちがーう!」と割っちゃうおじいさんの?
陶芸の大家が浮かんじゃいました(笑)

もちろん!ふたりは可愛らしい女子ですが!
完璧主義でストイックな職人気質ということで
落ち着きました(笑)

お二人は、何かやるときにはがっつりと
向き合うというか。組み合う。武術のような?
とても真面目な姿勢をもっているのでは。と思いました。
適当はない!なのです。ストイック。

こうなると・・・
私のお仕事は、お二人にただひたすら自由に!
思う存分!どこまでも!突き進んでもらうこと(笑)

なので、特になにもせずに和んでましたが・・・(笑)
そんなお二人のピュアなアーティスティックな楽しい暴走?を見つつ・・・
なぜか?とってもの〜んびり曼荼羅を描かせていただきました。

DSCN0326.JPG
テーマは休息。タイトルは、昼寝。
いや〜まどろみ感がでてますね
勝手にゆったりさせていただきました(笑)


DSCN0328.JPG
Sunaoせんせい。ミチルちゃん!
たくさんキラキラみせていただきありがとうございました!


曼荼羅も他のアートでもステキな個性を隠すことは・・・
無理です!!(笑)

その時の、自分の個性を楽しんで

そして、描いて見つけたご自分のキラキラを
どのように羽ばたかせるかは皆さん次第

ご自身のキラキラ見つけにいらして下さい

HP:http://www.rainbowtree.biz



posted by rainbowtree at 22:17| 曼荼羅ワーク体験レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表現トレーニング 最終日 〜ゼロ・再生から内なる静かな太陽まで


ものすご〜く・・・・・
遅くなりまして・・・
すみません・・・

ミエコさんの表現トレーニングの最終日です!

体験レッスン
基礎マスター
表現トレーニング1.2日目

DSCN0318.JPG
ミエコさんの曼荼羅:可能性(左)内なる太陽(右)

可能性って普段からよく使われる言葉ですね。
あらためて二人で考えてみました。

<可能性>
「可能性」はゼロじゃない。
たしかに。ゼロだったら可能性という言葉をあえて使わないかも。

「可能性」は分からない。なぜなら、未来のことだから。
うんうん。そうですね。

「分からない」って「不安」と捉えることもできるけど。
「希望」ととらえることもできる。


私自身は「分からない」ってすごくいいことだと思っていて。
世界のことも。自分自身のことも。他の人のことも。
分からないことがあるって安心する。
救いがあって希望もある。


たくさんの情報が一瞬で手に入る現代の世界。
分からないことが「不安」に思われがち。

でも、実際に私たちを動かしているのは「情報」ではありません。
なんだか分からない情熱。なんだか分からないひらめき。

なんだか分からないけど、こっち!
それ、ものすごく大事です。それこそ「可能性」の世界

<内なる太陽>
こちらは、可能性と違って普段あまり使う言葉ではないですね。

太陽という言葉から、強く輝くってイメージもありますが・・・

私たちのイメージは、静かに光をたたえている。
微振動しながら、静かに燃えている中心。たましい。

そんな静かな映像が浮かびました。

ミエコさんのラブリーで凛とした内なる太陽いいですね

DSCN0316-1.jpg
ミエコさん(上段) 私(下段)

写真がブレまくりですが、表現トレーニングすべての
曼荼羅です。雰囲気を感じ取っていただければ幸いです。



長く奥深い3日間の旅
ゼロ(再生)から始まり、内なる静かな太陽まで
一つ一つのテーマに丁寧に誠実に向き合うミエコさんに
私もたくさんの再発見をさせていただきました!

分かってると思っていることも、あらためて向き合ってみると
目からウロコ、いっぱい落ちますね(^^)

DSCN0320.JPG

ミエコさん。とっても楽しい旅をありがとうございました!!

posted by rainbowtree at 00:23| 曼荼羅ワーク 表現トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。